パクモグレビュー『辛くない!マーボー丼』試してみた!

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用していますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省などの情報をもとに、管理人あかりが実際にサービスを自腹で利用して、忖度なしにまとめています。

パクモグレビュー

パクモグを試してみたのでレビューします。

↓注文したメニュー↓

価格1人当り:578円(注文回数により559~599円)

実際に届いたキットの内容、調理工程、食べた感想を画像たっぷりで紹介します。

あかり
あかり

こんにちは!ミールキット 愛好家のあかり  です

私の感想をまとめると、とにかく簡単で早くて結構おいしい!

マーボー丼も簡単でしたが、スープはさらに簡単でインスタント並みに超簡単。

お味は「辛くない」と言うより「甘い」と感じましたが、大人が食べても意外とおいしかったです。

パクモグなら!
好き嫌いが多い子でもおいしい夕飯が約15分で完成!

パクモグ『辛くない!マーボー丼』中身を公開

↓届いたセット↓

パクモグミールキット

主菜:辛くない!マーボー丼
副菜:野菜がとれる!中華スープ
価格1人当り:578円(注文回数により559~599円)

食材一覧:全8点

パクモグ麻婆豆腐材料

 

全部で8点。(調味料を省くと6点)

カット野菜がミックスパックになっているから、他社に比べて食材点数が少ないです。

調理にかかる前に材料を主菜用・副採用に振り分けますが、点数が少ないので仕分け作業がラクでした。

下ごしらえ:ほぼ全カット&調合済み

食材はほぼ全てカット済みでした。

パクモグ麻婆豆腐カット食材

因みに、ヨシケイにもカット済みコースがありますが、ヨシケイはベーコンは未カットで届きます。

「傷みやすい食材以外はカット」というのはどちらも同じですが、カットしてある食材はパクモグの方が多かったです。

豆腐のみ未カットでしたが、豆腐は各社とも未カットでしたので仕方ありません。

パクモグ麻婆豆腐未カット食材

豆腐だけ自分で切りました(涙)

調味料は合わせ済みで、主菜用1つ、副菜用1つが入っていました。

パクモグ麻婆豆腐調味料

計量しないでいいのでラクですね。

ただし、水・ごま油・ご飯は入ってきませんでしたので、この分だけは自分で計量が必要です。

レシピ:見やすく簡単

パッケージの表紙はフルカラーの完成写真付きで。盛り付けに悩みません

パクモグ麻婆豆腐レシピ

2つ折りを開くとレシピになっています。

パクモグ麻婆豆腐レシピ

材料や工程は色分けされており、主菜がピンク副菜がグリーンです。

パクモグ麻婆豆腐レシピ

工程ごとにカラー写真はありませんが、工程数が少ないのと、単純作業しかないので充分かわりやすかったです。

アレルゲン表示:レシピに記載

アレルゲンはレシピに特定原材料7品目と特定原材料に準ずる21品目の記載があります。

パクモグ麻婆豆腐アレルゲン

あかり
あかり

レシピは公式サイトからも確認できるよ

特定と準ずる原材料以外の食品は、次の原材料表示で確認出来ました。

原材料表示:パックに記載

原材料表示は届いたパッケージのラベルに記載されていました。

パクモグ麻婆豆腐原材料表示

パッケージのラベルにしか原材料表示が書いてないので、注文前に確認できませんでした。

あかり
あかり

特殊な食品にアレルギーがある方は注意

栄養成分表示:407kcal/1人

カロリーなどの栄養成分表示はレシピとパッケージのラベルの両方に記載してありました。

レシピは1人分で。

パクモグ麻婆豆腐栄養表示

  • 熱量:407kcal
  • たんぱく質:30.5g
  • 脂質:21.4g
  • 炭水化物:26.1g
  • 食塩相当量:5.3g

パッケージラベルには2人分で。(または3人分)

パクモグ麻婆豆腐栄養表示

  • 熱量:814kcal
  • たんぱく質:60.9g
  • 脂質:42.7g
  • 炭水化物:52.2g
  • 食塩相当量:10.6g
あかり
あかり

公式サイト掲載のレシピからも確認できるよ

産地:外国産あり

メインの豆腐は国内製造ですが、ラベルにはその他の記載がありませんでした。

パクモグ麻婆豆腐産地

豆腐はパックに大豆(カナダアメリカ)とあり。

豚挽肉はパックに国産カナダ産デンマーク産とあり。ミックスと言うことですね。

使用量の多い食材(豆腐、ひき肉)は書かれていましたが、使用量の少ない野菜の産地は一切書かれていませんでした。

各社のミールキット見ていても、流通的に玉ねぎ、白菜などは国産の可能性が高そうですが、正確には不明です。

外国産も含まれていると考えた方がいいでしょうね。

あかり
あかり

産地にこだわる方には不向き

添加物:普通に使用

調味料などに添加物は使われていました

パクモグ麻婆豆腐添加物

安全性にこだわるサービスは限界まで控えていたりするので、比較すると多少多めではあります。

消費期限:翌日まで

消費期限は翌日まででした。

パクモグ麻婆豆腐消費期限

 

パクモグ『辛くない!マーボー丼』作って食べてみた!

辛くない!マーボー丼を実際に作って食べてみます。

主菜:辛くない!マーボー丼

辛くない!マーボー丼の材料はこちら。


1、木綿豆腐を包丁で1口大に切る。

パクモグ麻婆豆腐を作る
2、フライパンにごま油を熱し、野菜ミックス(玉ねぎ・長ねぎ)を炒める。

パクモグ麻婆豆腐を作る

小口切り、粗みじん切りを自分でしなくていいのはラクですね。

3、豚ひき肉を入れ炒める。

パクモグ麻婆豆腐を作る

4、豆腐と主菜用調味料を加えて中火で煮立てる。

パクモグ麻婆豆腐を作る

調味料は1袋入れるだけ。鶏ガラスープの粉とか醤油など、調味料を一つづつ計量しなくていいので素早いです。

パクモグ麻婆豆腐を作る

↓豆腐も入れる↓

パクモグ麻婆豆腐を作る

5、ニラを加えてさらに煮る。

↓袋から直接投入↓

パクモグ麻婆豆腐を作る
6、器にご飯を盛り、出来上がったマーボー豆腐をかけて完成!

パクモグ麻婆豆腐を作る

おいしいですが、かなり甘いです。

辛さはなくても不思議と麻婆豆腐の味でした。

薄味ではないので、大人でも物足りないと言うこともありませんでした。

辛さが欲しい家族には、後から唐辛子を追加してあげれば良さそうです。(味が変わってよければ豆板醤でも可)

副菜:野菜がとれる!中華スープ

野菜がとれる!中華スープの材料はこちら。

1、水・副菜用の調味料・野菜ミックス・焼豚を鍋に入れる。

↓全部一気に入れる↓

パクモグ麻婆豆腐を作る

2、具材がお好みのかたさになるまで煮る。

3、器に盛りつけて完成!

パクモグ麻婆豆腐を作る

煮てる時間(5分程度)を省くと、実質30秒くらいの作業時間。レトルト並の簡単さでした(笑)

お味はごく普通のおいしさですが、レトルトよりもおいしいです。

パクモグ『辛くない!マーボー丼』の総評

パクモグ麻婆豆腐

↑(左)大人、(右)子供↓

私の感想をまとめると、とにかく簡単で早くて結構おいしい!

お味は「辛くない」と言うより「かなり甘い」と感じましたが、大人が食べても意外とおいしかったです。

パクモグはメニューにより当たり外れはありますが、今回のメニューは満足でした。