パクモグのアレルギー対応は要注意!注文前に確認できるアレルゲン表示はこれ

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用していますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省などの情報をもとに、管理人あかりが実際にサービスを自腹で利用して、忖度なしにまとめています。

パクモグのアレルギー対応

ワタミのパクモグのアレルギー対応について徹底調査

  • アレルゲン表示は何品目か?
  • 明確でわかりやすい表示か?
  • 注文前にどこまで確認できるのか?

パクモグは28品目のアレルゲンならば、注文前に明確な表示で確認できます。

あかり
あかり

こんにちは!ミールキット 愛好家のあかり  です

この記事では、パクモグのアレルゲン表示項目、掲載場所などを解説

さらに、アレルギーがある方がパクモグを利用する際の注意点もご紹介します。ぜひ、参考にしてみてね。

パクモグで確認できるアレルゲンは?

パクモグで確認できるアレルゲン品目と、その他の品目の確認方法はこちら。

28品目をアレルゲン表示

パクモグのアレルゲン表示は「特定原材料7品目」+「特定原材料に準ずる21品目」の合計28品目です。

表示義務
特定原材料7品目えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ)
表示推進
特定原材料に準ずるもの21品目アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

任意のものまで表示されているから合計28品目。一般的なアレルゲンは網羅されているので、殆どの方は問題ありません。

28品目に当てはまらない、特殊なアレルギーの方だけ注意です。

残りはレシピの材料と原材料表示で確認

その他の食材の使用状況はレシピの材料で確認可能。

添付の調味料や加工食品は原材料表示で確認できます。

↓原材料表示↓

パクモグ麻婆豆腐原材料表示

パクモグのアレルゲン表記場所

パクモグのアレルゲンが確認できる場所は2箇所です。

ウェブサイト

注文サイトでは、メニューの個別ページに入るとアレルゲン表示(特定原材料7品目+特定原材料に準ずる21品目)材料一覧が見れます。

ある日のメニューで見てみます。

↓アレルゲン表示↓

↓材料一覧↓

材料

 

キット同封のレシピ

商品にもレシピが入ってきます。

↓アレルゲン表示↓

パクモグ麻婆豆腐アレルゲン

↓材料一覧↓

あかり
あかり

届いてからも再確認すれば安心

アレルギーのあるお子さんがパクモグで注意したいこと

アレルギー持ちのご家族がいる方が、パクモグを利用する際に注意したいこと

注文ページから直ではレシピが見れない

パクモグは注文ページから直ではレシピ(材料など詳細)が見れません

↓注文ページのメニュー一覧↓

ここでカートに入れたらもうお会計だけで、レシピ見る場所がありませんでした。

アレルギーがある方は、詳細を確認してから注文したいですよね。

レシピを見るには?

安心して下さい。ページを移動すればレシピを見ることができるので、トップメニューの「今すぐ注文」ページではなく、「メニューをみる」を選んで下さい。

こちらのメニュー一覧から、「レシピを見る」をクリック

個別のレシピページが表示されると、アレルゲン表示材料一覧が確認できます。

↓アレルゲン表示↓

「肉」や「野菜」など単一食材は材料一覧で確認できるので、28品目以外のアレルギーがある方でも大方は大丈夫

注意したいのは、パクモグはセットの材料に、必ず調味料や加工食品が含まれること。

レシピには原材料表示までは表示されていない点も注意

原材料表示は商品が届くまで確認できない

注意点2つめは、加工食品や調味料の原材料表示が商品が届いてからしか見れないことです。

28品目以外のアレルゲンをお持ちの方は注意しましょう。

アレルゲン表示は注文前から見れるので、アレルギーが28品目に収まっている方ならば、原材料表示を見なくてもまったく心配ないです

28品目以外にアレルギーがあってもパクモグを使うには

28品目以外にアレルギーがある方だけは、パクモグの使用に要注意

パクモグはほぼすべてのメニューが合わせ調味料が付いてくるので、万が一入っていた場合は避けることが難しいんですよね。

とくに、麻婆豆腐だとかカレーだとか、ソースが主体のメニューでは、代用の調味料に置き換えるのは難しいので。

特殊なアレルギーの方は、他のミールキットサービスを検討した方がいいかもしれません